株式会社アイフォスター

明治大学から生まれた大学発ベンチャー企業、株式会社アイ・フォスター。大学の知的財産を社会に還元し、ライフ・ワーク・バランスによる小子化問題の解決や次世代育成の仕組み作りをなど、社会の発展を考えていきます。

Home > 会社情報 > ニュース

会社情報

ニュース

10月4日
フェアトレードショップ「緑々(あおあお)」

 2013年9月19日 ベトナムで仕入れた刺繍巾着の卸し先開拓のため、福岡県北九州市でフェアトレードショップを営む一生もんSHOP「緑々」を訪れ、調査を行いました。“フェアトレード商品”=公正な豊かさを生み出す仕組みのある商品として、刺繍巾着が通用するかを判断してもらうことが目的の一つでした。


 緑々はフェアトレード商品を中心に、環境問題、貧困等の途上国の様々な問題解決につながる活動や、オーガニックやエコロジーや手作り商品などの“一生もん”を扱うショップです。並んでいる商品は、店主の宮下さんがお店を開く以前に知り合ったカンパニーや作家さんの商品のほか、フェアトレードやオーガニック商品の展示会で選ぶものだそうです。そのような展示会があることを弊社スタッフは初めて知りました。


 いわゆる「ナチュラル系」といわれるコットンや麻や木目などのアースカラーの他、染料にこだわっているだろうカラフルかつキッチュなデザインの商品を見回すと、宮下さんが選ぶ商品は、その背景にある過酷な社会問題のほか、作り手の思いやカンパニーの情熱が大きく関与していることがわかりました。


 宮下さんによるとフェアトレード商品は、主に日本のカンパニーが生産者とタッグを組んで開発した製品で、単純に既存の商品を買ってくるという方法はあまり例が無いとのこと。
 カンパニー側はストーリーと高品質を兼ね備えた製品を日本で自信を持って売る!生産者は日本で売ってもらえる製品を一生懸命に作る!この双方の頑張り合いによってフェアトレードの仕組みは成り立ち、品質が保たれるのだそうです。そのようなタッグの組める生産者と関係を築くことがまずは第一歩です。
 今回、私たちがベトナムで出会った刺繍会社は、既に世界とビジネスを行っている方々であり、ボランティア精神にあふれた方針は信頼してタッグを組む事ができるように感じました。



一生もんSHOP緑々
http://www.ao-ao.net/




トップ