株式会社アイフォスター

明治大学から生まれた大学発ベンチャー企業、株式会社アイ・フォスター。大学の知的財産を社会に還元し、ライフ・ワーク・バランスによる小子化問題の解決や次世代育成の仕組み作りをなど、社会の発展を考えていきます。

Home > 会社情報 > ニュース

会社情報

ニュース

10月1日
ベトナムから刺繍巾着を仕入れました

 2013年9月3-6日 の2 泊4 日でベトナムのホーチミンシティを訪問しました。
参加者は、弊社スタッフおよび明治大学大学院生、大学生の計10 名でした。大学院生はベトナムからの留学生、 学生たちは弊社の社長水野のゼミナールの学生です。学生たちはビジネスを実践して商学を勉強しています。今回の目的は、ベトナム製品である刺繍巾着を安く仕入れ、日本で販売を試みることでした。学生の勉強のため、帰国の際には空港で関税に申告し、納税にもチャレンジします。

 4日はホーチミンのペンタイン市場を見学しました。手縫いの刺繍製品について価格、品質などを調査しました。1日で順調に価格交渉のコツがつかめてきました。


 5日はベンチェ省の刺繍会社を訪問しました。200 名程の社員のほとんどが主婦などの内職者で、会社が彼らに刺繍の講習をするとともに、仕事が入ると各家庭に作業を割り振っているということでした。


 また、こちらの会社は近所の養護学校でも刺繍コースを設置して、障害を持つ子供たちに刺繍を教えています。

 そのベンチェ特別支援児学校を訪問させてもらったのですが、衝撃的だったのは、 そこに暮らす半分の子供が、戦時中に撒かれた枯れ葉剤の影響を受けているということでした。彼らの身体には祖父母の代からの影響がいまだ残り、視力、聴力、肢体不自由など様々な障害を持つ子供たちが共同生活をしていました。刺繍会社はその子どもたちにも仕事をしてもらっているそうです。悲惨な事実に直面しショックを受けていた我々でしたが、彼らが作った製品の素晴らしさには大感激でした。




 今回、訪問した刺繍会社から旅行に便利な刺繍袋を仕入れました。日本への入国の際には税関を通し、ベトナムだったので関税は800 円、そのほか消費税を4000 円納めました。輸入の手続きの勉強になりました。


 さて、今後は、この買いつけてきた刺繍の巾着袋を販売していきます。ベトナムの主婦の方々やベンチェ特別支援児学校の子供たちのために頑張っていきたいと思います!


 購入希望、取引希望の方がいらっしゃいましたら弊社03-3296―2613(担当松下)までご連絡ください。




トップ