株式会社アイフォスター

明治大学から生まれた大学発ベンチャー企業、株式会社アイ・フォスター。大学の知的財産を社会に還元し、ライフ・ワーク・バランスによる小子化問題の解決や次世代育成の仕組み作りをなど、社会の発展を考えていきます。

Home > 会社情報 > ニュース

会社情報

ニュース

8月28日
浦安市青少年館でフェアトレード講座を行いました。

 8月22日、株式会社アイ・フォスターは、浦安市青少年館にて「貿易を学ぼう」講座を開催しました。これまで、異文化交流講座を受託してきましたが、今回は国際経済に関しての講座です。4~6年生を対象に募集したところ31人の子どもたちから応募がありました。

 その子どもたちに講座を開催しました。当日は保護者の方の見学もありました。1時限目には、貿易の説明のあと、貿易ゲームを行い、貿易が決して公平に行われていないことを体験しました。2時限目には、そうした不公平な結果、発展途上国にはどのような問題が発生するかを具体例を挙げて学びます。そしてその解決には、フェアトレードという手法が一つの方法になることを学びます。


 こうして、体験を組み合わせての勉強に、子どもたちのやる気が全開し、楽しみながら勉強できます。浦安の子どもたちも大はりきりでゲームを行い、そこから得られた不幸への現状に対してその解決方法を学べたことと思います。
 次回は、同じ青少年館で異文化交流講座を開催する予定です(2014年2月ごろ)。


 なお、貿易ゲーム講座実施をご依頼の方は弊社までご連絡ください。60分×2回で構成しております。大学生が主体となって行うため、廉価にてお引き受けします。



*貿易ゲーム

 先進国、新興国、発展途上国に子どもたちをグループ分けし、最初にお金、道具、材料を配っておきます、ただし、先進国にはお金と道具を多めに、発展途上国には材料を多めに配っておきます(新興国はその中間)。
 最初にお金を支払ったり物々交換で道具や材料を交換します。そのあと生産活動を行い、その結果、お金の貯まり方を比較すると、先進国が有利なことがわかるというゲームです。




トップ