株式会社アイフォスター

明治大学から生まれた大学発ベンチャー企業、株式会社アイ・フォスター。大学の知的財産を社会に還元し、ライフ・ワーク・バランスによる小子化問題の解決や次世代育成の仕組み作りをなど、社会の発展を考えていきます。

Home > 会社情報 > ニュース

会社情報

ニュース

5月15日
群馬県富岡市にある武井農園を視察しました

2013年5月10日(金)新規事業開拓の手掛かりとするため、群馬県富岡市の視察を行いました。
群馬県富岡市は前市長が社長水野と交流があり、平成18年度に富岡で明治大学のシンポジウムの開催が決定された際も製糸場内で行えるようお取り計らいくださいました。その後も様々な面でご協力くださっています。


東京駅から長野新幹線に乗り、高崎駅で降りた後、上信電鉄に乗り換えて向かいました。
上州富岡駅で降車すると、すぐ目の前に富岡市役所とおかって市場があります。
おかって市場は、昔の倉庫の建物を改造した近隣の産品を扱うショップになっており、大変雰囲気のある建物です。店内は明るく、野菜や果物のほかに惣菜や加工品、手芸品なども取り扱っており、素敵な空間に仕上がっています。


駅前の通りを進んでいくと、レトロな街並みに出会えました。 昔ながらのお豆腐屋さんやカラフルな定食屋さん、雰囲気に合わせた看板など、都会にはない雰囲気を壊さないための配慮を感じられました。
駅から徒歩15分ほどの位置にある富岡製糸場は現在、世界遺産への登録を目指しています。


今井前市長にお会いし、武井農園の武井さんをご紹介いただきました。
武井さんは、主にキウイフルーツの栽培と養鶏を行っています。富岡の農業の特徴として、山間部の比較的小さな農地を使用するため、単一品種の大規模栽培を行わず様々な種類の作物を栽培する、多品種少量栽培を行っているそうです。そのため、大規模農園の多い北海道などと時期をずらし、年間を通して様々な種類の作物を販売することができます。
また、近隣の農家と協力し、それぞれ違う作物を生産して持ち寄ることで、近年都市部で利用する人が増えている産直通販などにも対応しています。 円安で飼料や燃料の価格にも影響が出始めており、コストを抑えることがこれからの課題だとお話し下さいました。


また、今井前市長より富岡市の農業や産業、雇用についてのお話、富岡製糸場の文化遺産登録についての展望などもお伺いでき、大変有意義な時間となりました。






トップ